夫の食事に困る?糖尿病患者への食事療法

家族の誰かが糖尿病である場合、食事の内容に詳細に気を配る必要があります。 糖尿病の症状を悪化させない方法として提示されるのが食事療法です。 1日に摂取するカロリーや糖質の量など、医師に指示された数値の範囲内で食べ物を摂取します。 そのため、糖尿病患者の方は摂取できる食べ物が制限されます。 食べたい物を好きなだけ食べることはできません。 食べ過ぎは血糖値が急激に上昇し、非常に危険です。 生活を共にする家族は、食事に関しては様々な協力が不可欠です。 例えば、糖尿病の夫と健康体の妻とが同じ内容の食事はできません。 医師の提示する食べ物を中心に献立を考えます。 1日に摂取する3食分と間食のことも考慮しなければなりません。 また、食事をする時間にも注意します。 他人と異なる食事内容では精神面で支障をきたす場合があります。 家族と食事の時間をずらす、内容が違っても見た目を同じようにするなどの工夫が必要です。 病気への理解と治療法の理解など、精神的な部分で家族が支えることが症状を悪化させない方法の1つです。 健康体の方と同じように食べたい欲求があります。 糖尿病の方が困ることのないよう、目の前でむやみたやらと食べ物を口にしないことも重要です。
Read More