薬を飲んでいても食事療法、運動療法は必要

高血圧や糖尿病、動脈硬化などの病気は、生活習慣病と言われます。 これは、普段の生活をしている中で少しづつ病気といわれる症状になっていくからです。 食事で少し食べ過ぎたと思っても、一回きりなら良いですが、それが毎回、毎日と続いていくと、積り積もって体に害が出てきてしまうことになります。 運動も、毎日やっていなくても、すぐに病気になってしまうわけではありません。 けれども、体は少しづつダメージを受けているのです。 ほとんどの場合は健康診断などで指摘されて、ひどくなる前に食事療法や運動療法などで改善されるでしょう。 しかし、忙しさもあって健康診断を怠ったり、食事や運動もつい後回しにしてしまうというのもよくあることです。 検査の数値が高く、すぐに対処しなければならない状態になったとき、これらの病気は薬で症状をおさえることができます。 きちんと定められた用法を守っていれば、検査の数値が悪くなることはありません。 ですが、薬はあまり長期間服用していると、副作用が出たり、効き目が悪くなったりしてくるものです。 いつまでも薬に頼り続けていても、病気そのものを治すことにはなりません。 生活習慣病なのですから、悪い生活習慣そのものを見直すことが必要なのです。 薬を服用していても食事療法や運動療法が必要というのは、そういうことなのです。
Read More