グルコバイとクレンズジュースで糖尿病を改善する

グルコバイは、食事療法や運動療法を行っても血糖コントロールができない糖尿病患者に処方される薬です。グルコバイは、糖を分解するα‐グルコシダーゼを阻害することで、糖の吸収を抑制します。血糖値が急上昇しないので、糖尿病による症状が緩和されます。食事によって血糖値を下げるため、グルコバイを服用するのは食事の10分前です。またクレンズジュースも糖尿病における血糖値を下げる効果があります。クレンズとは「洗浄」を意味しており、新鮮な野菜や果物を使った100%ジュースを飲むと美容や健康に良いとされます。3日間~7日間ずっと固形物を食べないで、クレンズジュースのみを飲んで栄養を摂取します。内臓や消化器官を休ませることで、体内が洗浄され本来持っている機能を最大限に引き出します。糖尿病では、炭水化物の過剰摂取や摂取カロリーの多さが原因で、高血糖や高脂質血症などの病気を伴う可能性が高いです。クレンズジュースには多くの食物繊維が含まれており、便秘解消やデトックスに効果があります。食物繊維は食欲を抑え、固形物を食べないので過剰なカロリーを摂取することがなく、増えすぎた体重を減らします。さらにクレンズジュースの酵素の働きによって、代謝が高まりインスリンの分泌をサポートします。一般的なジュースにはたくさんの砂糖が入っているので、糖尿病患者には適していません。しかしクレンズジュースのは一切砂糖などの甘味料が含まれていません。クレンズジュースは、自宅にスロージューサーあれば、誰でも簡単に作ることができます。低速回転式で野菜や果物を絞ることで、空気に触れない状態になり酸化や分離をしません。血糖値を下げるためには、キャベツやゆずを入れると良いです。